Top >  肋間神経痛の予防 >  温度調節

温度調節

肋間神経痛の予防の中の「食事・飲み物」のところでも

「冷たい食べ物、飲み物は避けましょう」と言いました。


体を冷やすと、体温が下がってしまい、

体の代謝機能も下がってしまいます。


代謝機能が下がってしまうと、

血行が悪くなったりして

肋間神経痛になりやすくなってしまいます。


食事・飲み物と同じように、

温度調節にも気をつけましょう。


例えば、夏場のエアコン。。。


エアコンの冷気は、肋間神経痛や、

他の神経痛の人にとっても

あまりよくありません。


腰痛持ちの人や、リウマチの人は、

エアコンの効きすぎた部屋などで

痛みが出てしまう人もいます。。。


夏場は、電車の中やお店に入ると、

普通の人でも、効き過ぎ?

と思うこともありますよね。


私は最近電車に毎日乗るんですが、

7月はじめなのにクーラーが効き過ぎ?って思う程で、

外に出ると暑いし、結構洋服に困っています(^^;)


これは特に女性に多い悩みなんじゃないでしょうか。。


夏場のこの温度差は、肋間神経痛だけじゃなくて、

夏風邪の原因など、体の温度調節がうまくいかなくなってしまって

他の病気の原因にもなってしまいますよね。。。


それと、最近のスーパー。。。

とっても寒いです。


食品を扱っているのでしょうがないとは思いますが、

冷凍食品コーナーや鮮魚の辺りは特にそう思います。


肋間神経痛の人にも、肋間神経痛の予防の為にも、

寒いところに行くと分かっている場合、羽織るものを持参し、

体が冷えないように心がけてくださいね!!

         

肋間神経痛の予防

普段の生活をちょっと気をつけるだけでも、
肋間神経痛の予防にもつながります。

肋間神経痛にならないためにも、
簡単にできる予防方法を紹介します。

このカテゴリ内の記事


正しい姿勢
食事・飲み物
温度調節
ストレスを溜めない







Yahoo!ブックマークに登録