Top >  肋間神経痛と似た病気 >  胸膜炎

胸膜炎

胸膜炎とは、間単にいうと胸膜の炎症です。

(そのままですね。。)


ちなみに胸膜って、

以前は肋膜と呼ばれていたそうです。


肺の辺りには胸膜という薄い膜があって、

体の中に胸膜腔と呼ばれる空間があるのですが、

炎症を起こすとその空間に水が溜まってしまいます。


肺炎、結核、インフルエンザ(感染症)などが

原因になることが多いのですが、

肺がんによる悪性のものもあります。


胸膜炎の症状は、胸や背中の痛みで、

肋間神経痛と良く似ています。


少し咳も出るそうなんですが、

胸痛が多いそうです。


呼吸困難などの症状もあり、水が溜まると

心臓を圧迫してしまう恐れもあります。


咳をしたり、深呼吸をするときに痛みが増す

というところも肋間神経痛と似ていますね。。。


胸膜炎は、感染症が原因であれば、

点滴の治療で良くなります。


でも、悪性腫瘍(がんなど)が原因であったり、

水が溜まりすぎると、

その水を抜く手術が行われます。


肋間神経痛も、胸膜炎をはじめとする様々な病気も

最初から我慢できないくらいの痛さになるということは

あまりありません。


何かしら、初期症状がでます。

(我慢できるくらいの痛さ、違和感)


胸膜炎だったら、肋間神経痛のような痛み。。ですね。


自分で自己判断はぜず、違和感を感じたときには、

病院で診てもらってくださいね。

         

肋間神経痛と似た病気

胸の辺りが痛くなる肋間神経痛ですが、
肋間神経痛ではなく、
他の病気の可能性もあるかもしれません。

肋間神経痛と似たような症状は
たくさんあるのですが
ここでは、いくつかを紹介します。

このカテゴリ内の記事


狭心症
気胸
脊椎カリエス
横隔膜ヘルニア
慢性閉塞性肺疾患
胸膜炎







Yahoo!ブックマークに登録