Top >  肋間神経痛と似た病気 >  横隔膜ヘルニア

横隔膜ヘルニア

椎間板ヘルニアはよく聞きますよね。。。


横隔膜ヘルニアというものも実はあるんです。


ヘルニアは、はみだすという意味で、

腰だけじゃなく、全身いろんなところで起こります。


椎間板ヘルニアは、背骨の椎骨と椎骨の間にある

椎間円板が圧迫によって椎間円板の中身が外に

でてしまうことです。


この中身が外に出てしまうと神経を圧迫して、

腰痛などが起こります。


肋間神経痛の原因のひとつでもあります。


じゃあ横隔膜ヘルニアっていったい何なんでしょう?


横隔膜は知っていますよね?


この膜の上下で呼吸をしていて、

胸とお腹を仕切っている膜でもあります。


この横隔膜が強い衝撃で裂けてしまったり、

横隔膜には食道などを通す穴があるのですが、

その穴などから、内臓が出てしまった状態を言います。


強い衝撃でさけてしまう以外は

ほとんど先天性(生まれつき)です。


なので、肋間神経痛と間違えてしまうときは、

主に衝撃での横隔膜が裂けてしまった場合です。


その症状は、吐き気、ショック症状のほかに、

呼吸困難があります。


事故や怪我などで、胸に強い衝撃を受けてしまった場合は、

その衝撃で横隔膜が裂け、

肋間神経痛の症状と似たものが表れます。


(息苦しさなど。。。)


外傷性なので、事故にあった、何がをぶつけたなど

原因があるはずなので、強い衝撃を受けた場合は、

大丈夫だと思っても検査をしてくださいね。


また、横隔膜は一部が胸骨という骨についているんですが、

そのくっついている部分が弱い人もいて、何かのはずみで

外れてしまって臓器が出てしまうこともあります。


症状は気付かないこともあるのですが、

呼吸がしずらいなどの症状がでます。


この症状も肋間神経痛と間違えやすいです。

         

肋間神経痛と似た病気

胸の辺りが痛くなる肋間神経痛ですが、
肋間神経痛ではなく、
他の病気の可能性もあるかもしれません。

肋間神経痛と似たような症状は
たくさんあるのですが
ここでは、いくつかを紹介します。

このカテゴリ内の記事


狭心症
気胸
脊椎カリエス
横隔膜ヘルニア
慢性閉塞性肺疾患
胸膜炎







Yahoo!ブックマークに登録