Top >  肋間神経痛と似た病気 >  狭心症

狭心症

狭心症とは、心臓に栄養を送っている血管が詰まったりして、

心臓に十分に栄養が送られなくなってしまった状態です。


症状としては、胸の痛み、眩暈、

耳鳴りなどが挙げられます。


この症状は、特に運動をしたりするとき、

急な温度変化など、体(体温)に

変化があった場合起こります。


この狭心症の怖いところは、悪化してしまうと、

心筋梗塞など、命に関わるような病気になってしまうかもしれない

というところです。。。


悪化すると言っても、突然悪化するのではなく、

狭心症の症状が出る時間が長くなっていったり、

そのほかにも手足がしびれたりと警告が出てきます。。


肋間神経痛の原因のところでも

狭心症のことは少し触れましたが、

狭心症が原因で肋間神経痛が起こることもあります。


肋間神経痛だと思っていたら

狭心症だったということもあります。


主に肋間神経痛と間違えてしまうような痛みは、

狭心症が軽度の場合が多いです。


狭心症が重度になってくると、自分でも

「あれ?おかしい」と気付くくらいの痛さであったり、

症状の出る時間が長くなります。


こうなる前に早めに病院へ行って欲しいのですが。。。


もしかして肋間神経痛じゃなくて狭心症?

と疑うときのポイントをお話します。


肋間神経痛と狭心症の痛さは、胸が締め付けられたり、

押し付けられたりするときの痛みが似ているところです。


狭心症の場合、肋間神経痛より痛みの長さが

長いことが多いようです。


一回の痛みが15分以上痛みが続く場合、

狭心症ではなくて

もっと重度の病気が隠れているかもしれません。


胸が締め付けられる、押し付けられるような痛みが出ている場合、

肋間神経痛の検査の他にも心電図の検査もしてもらってくださいね。

         

肋間神経痛と似た病気

胸の辺りが痛くなる肋間神経痛ですが、
肋間神経痛ではなく、
他の病気の可能性もあるかもしれません。

肋間神経痛と似たような症状は
たくさんあるのですが
ここでは、いくつかを紹介します。

このカテゴリ内の記事


狭心症
気胸
脊椎カリエス
横隔膜ヘルニア
慢性閉塞性肺疾患
胸膜炎







Yahoo!ブックマークに登録