Top >  肋間神経痛の治療法 >  漢方治療

漢方治療

肋間神経痛は、はっきりとした原因が分からない

「原発性肋間神経痛」も多いです。


原因がストレスや疲れであったりして、

病院での薬もあまり効かない、レントゲンやMR?などの

精密検査をしても、異常はない場合、漢方はどうでしょうか。


疲れやストレスが原因であったりすると、

一度治ったと思っても、また疲れやストレスが溜まったときに、

肋間神経痛の症状が出ることがあります。


それが慢性化してしまうと、

なかなか治らなくなってしまいますね。。。


治療も長期に渡りそうな感じがします。。。


そんな肋間神経痛におススメなのが、漢方です。


漢方は病院で処方される薬と違って、

効き目がすぐに現れることはあまりありません。


病院の薬は即効性を期待することが多いですが、

漢方はゆっくり効いてくるもので、

体にとっても負担が少ないのではないでしょうか。


最近は気軽に入れる(そうな?)漢方薬局も増えてきましたし、

お医者さんでも漢方の資格を持つ人が増えてきています。


病院でも漢方の処方をするところも増えてきています。


特に、肋間神経痛では、原因がはっきりしない場合、

漢方を処方する先生もいます。


特に漢方で効果があるものとしては、


●「桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)」


血行を良くする、鎮痛・鎮静作用 冷え性を治す


●「当帰湯(とうきとう)」


血行をよくする


その他、


●「五積散(ごしゃくさん)」


●「柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)」


●「柴陥湯(さいかんとう)」


●「大柴胡湯(だいさいことう)」


などがあります。


漢方は、簡単に言うと

体を温めるという考え方です。


肋間神経痛の治療方法に1つにも

体を温めることがあるので、

理にかなっていますね(^^)


また、漢方は一人ひとりに合わせて処方されるので、

ちゃんとした漢方専門の先生に見てもらいましょう。

         

肋間神経痛の治療法

肋間神経痛ってどうしたら治るの?

肋間神経痛の原因は人によって様々なので、
治療方法もひとつではありません。

薬だけではなく、いろいろな治療法を
ご紹介します。

このカテゴリ内の記事


薬で治療
神経ブロック
理学療法
鍼灸治療
整体・カイロプラクティック
漢方治療







Yahoo!ブックマークに登録