Top >  肋間神経痛の治療法 >  神経ブロック

神経ブロック

神経ブロックは肋間神経痛の痛みがひどい場合などに、

使われる治療法です。


特に骨折が原因であったり、

帯状疱疹後の肋間神経痛の場合が多いです。


神経ブロックとは、痛みの症状がでている所に

直接薬などを注射して、痛みを和らげる方法です。


点滴や飲み薬などと違って、

痛みが出ている神経部分に直接注射するので、

効果が出やすいです。


注射するものは、局所麻酔薬と、

炎症や腫れを抑えるホルモン剤、

抗炎症剤などを注射します。


注射するものの中に、局所麻酔薬が入っているので、

注射をすると、痛みはとても軽くなります。

(一時的ですが。。。)


局所麻酔薬は、抜歯をしたり、皮膚を縫うときに使う麻酔で、

効果は1ー2時間ほどしかないんですが、

この神経ブロック、他にも効果があるんです。


神経ブロックは、痛みを一時的にとるだけじゃなくて、

注射をしたところの筋肉の緊張を取ってくれたり、

血液の流れを良くしてくれます。


なので、この治療は1回だけじゃなく、

続けることによって、

肋間神経痛が治りやすくなります。


ただ、この神経ブロックは、

何回で治るというものが決まっているのではなくて、

個人差があります。


何回かですっかり良くなる人もいれば、

数十回やってよくなってきた。。。と言う人もいます。


神経ブロックは、肋間神経痛だけではなく、

体の色々な場所の痛みの治療として行われています。


多いのが椎間板ヘルニアですね。。。


その場所によって、坐骨神経ブロックや、

硬膜外ブロックなどと名前があって、

肋間神経痛には、肋間神経ブロックを行います。

         

肋間神経痛の治療法

肋間神経痛ってどうしたら治るの?

肋間神経痛の原因は人によって様々なので、
治療方法もひとつではありません。

薬だけではなく、いろいろな治療法を
ご紹介します。

このカテゴリ内の記事


薬で治療
神経ブロック
理学療法
鍼灸治療
整体・カイロプラクティック
漢方治療







Yahoo!ブックマークに登録