Top >  肋間神経痛の原因 >  交通事故

交通事故

交通事故が原因で、その後遺症として

肋間神経痛になることがあります。


交通事故は、いつ、どこで起こるかわかりませんよね。


普通は、前に転んだときって、自分の身を守ろうと

まず手が出ると思います。


でも、交通事故は、突然思いがけないところから

力が加わったりしてしまいます。


突然起きてしまうので、

転んで手を出すようにはいきません。


すると、強い力が直接体にかかってしまい、

肋骨を折ってしまったり、

歪んでしまったりしてしまいます。


肋骨を骨折してしまった場合、肋骨に沿うようにして神経も

走っているので、その肋間神経に傷がついたり、

圧迫されて肋間神経痛が起こります。


骨折していなくても、交通事故で胸を打っていて、

それが原因で肋間神経痛が起こることもあります。


骨折の場合、肋骨骨折が治っても、

肋間神経痛だけはなかなか良くならないということもあります。


交通事故の後遺症は、外傷などが治っても、

遅れて違った症状が出てくることもよくあります。


私も事故にあった3、4ヶ月後に、

痛みが出てきて再検査をしたことがあります。


なので、治療が全部終わり、

普通の生活に戻ってしばらくしてから

肋間神経痛の症状がでてくることもあります。


肋間神経痛のような痛みが出た場合は、

以前交通事故にあってないか

思い出してみましょう。

         

肋間神経痛の原因

肋間神経痛といっても
その原因はひとつではないんです。

肋間神経痛の原因はとてもたくさんあるのですが、
代表的なものを紹介します。

そしてどのような原因で肋間神経痛が起こるのか、
詳しく説明します(^^)

このカテゴリ内の記事


原発性肋間神経痛
肋骨骨折
椎間板ヘルニア
帯状疱疹ウイルス
狭心症
交通事故
がんの転移によるもの







Yahoo!ブックマークに登録