Top >  肋間神経痛の原因 >  狭心症

狭心症

狭心症も肋間神経痛の1つです。


狭心症が原因の肋間神経痛は結構多いです。


狭心症とは、簡単に言うと血管が狭くなり、心臓に

酸素や血液が十分に送られなくなってしまったときに

胸が痛かったり、締め付けられるような感じがします。


それと同時に肋間神経痛が起こります。


ただ、ちょっと注意して欲しいのは、狭心症と分かっていて、

狭心症が原因で肋間神経痛になるものと、肋間神経痛だと

思っていたら、狭心症だったという違いです。


肋間神経痛と狭心症の症状はとってもよく似ています。


肋間神経痛は、原因がいろいろあって、

比較的治療が簡単なものと、

その影に大きな病気が隠れているものがあります。


ストレスや、疲れが原因の肋間神経痛であれば、

軽ければ薬など使わなくても治せることもあります。


でも、肋間神経痛の原因が狭心症だった場合は、

狭心症を放っておくと、心筋梗塞など

命に関るような病気になってしまうかもしれません。


狭心症の特徴としては、

胸が締め付けられるような痛みや、

押し付けられるような痛みです。


でもこれは、ずーと続くわけではなくて、

大体15分くらいで収まります。


その他、胃や背中の辺りに痛みがでることもあります。

この症状が、肋間神経痛とよく似ています。


狭心症は心電図の検査をしてわかります。


違和感があった場合には、

お医者さんに詳しく伝えてみてくださいね。

         

肋間神経痛の原因

肋間神経痛といっても
その原因はひとつではないんです。

肋間神経痛の原因はとてもたくさんあるのですが、
代表的なものを紹介します。

そしてどのような原因で肋間神経痛が起こるのか、
詳しく説明します(^^)

このカテゴリ内の記事


原発性肋間神経痛
肋骨骨折
椎間板ヘルニア
帯状疱疹ウイルス
狭心症
交通事故
がんの転移によるもの







Yahoo!ブックマークに登録