Top >  肋間神経痛の原因 >  椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

今、椎間板ヘルニアは、

結構若い人でもなるんです。


重いものを持ったり。。。

仕事などで長時間の立ち仕事、座り仕事で

同じ姿勢だったりするのが原因のひとつです。


私は学生の頃、パチンコ屋さんでアルバイトをしていた時、

結構まわりに椎間板ヘルニアの人がいました。


中年以降は、骨の老化(骨粗鬆症)なども原因ですね。


また、お家で介護をしている人、

気をつけなくてはいけません。


介護職の人は

ちゃんと自分の身を守る方法を知っています。


無理な体勢で介護をしていると、

ヘルニアになってしまう可能性もあります。。


椎間板ヘルニア=腰が痛いなんですが、

何で腰が痛くなるか知っていますか?


背骨は、24個の骨が縦につながってできています。


でも、骨同士がくっついているのではなくて、

骨と骨の間に椎間板(椎間円板)というものがはさまっています。


椎間板が、腰や背中を曲げるときなどに

クッションの役割をしてくれています。


この椎間板は弾力性があります。


椎間板の中心部分は、髄核というゼリー状のもので、

負担がかかりすぎると、外の壁に亀裂ができて

外にでてしまうんです。


それが神経を圧迫して腰痛などが起こります。


椎間板ヘルニアが、なぜ

肋間神経痛と関係があるんでしょうか。


椎間板ヘルニアは、

腰が痛いというイメージが強くありますよね。


胸椎椎間板ヘルニアといって、

ちょうど肋骨の辺りの背骨が

ヘルニアになることがあります。


そのような場合、肋間神経が圧迫されて、

肋骨神経痛になることがあります。


胸椎椎間板ヘルニアはそう多くないので、

あまり知られていません。


また、腰の辺りで椎間板ヘルニアになった場合、

姿勢が崩れて、肋間神経を圧迫して

肋間神経痛を起こすこともあります。


ヘルニアが原因の肋間神経痛の場合は、

まずヘルニアの治療をしてから

肋間神経痛の治療をすることが多いそうです。

         

肋間神経痛の原因

肋間神経痛といっても
その原因はひとつではないんです。

肋間神経痛の原因はとてもたくさんあるのですが、
代表的なものを紹介します。

そしてどのような原因で肋間神経痛が起こるのか、
詳しく説明します(^^)

このカテゴリ内の記事


原発性肋間神経痛
肋骨骨折
椎間板ヘルニア
帯状疱疹ウイルス
狭心症
交通事故
がんの転移によるもの







Yahoo!ブックマークに登録