Top >  肋間神経痛の原因 >  肋骨骨折

肋骨骨折

心臓やその他、大事な臓器を

守ってくれている肋骨です。


実は、肋骨ってちょっとしたことで折れてしまったり、

ひびが入ってしまったりするんです。。。


例えば、固い所に胸を打ってしまったり、

スポーツ中にボールが飛んできて当たってしまったり。。。


さらにぎゅうぎゅう詰めの満員電車などで、

人に押されてしまったりしただけで

折れてしまうこともあります。


普通、骨が折れると、異常に腫れたり、

とーっても痛いです。。


私も足の骨を折った経験がありますが、

痛みは別にして、

折れた!って一瞬で分かりました。。。


痛いのは、折った直後より、

しばらく経ってからが

ものすごく痛かった記憶はありますが。。。


でも、肋骨は、折れていても

気付かないことって結構あるんです。


信じられないかもしれませんが。。。


いつの間にか折れていたって事も、

結構あるんですよ。


そういうときは、折れていたいというより、

肋骨が痛い(肋間神経痛だ)→ 実は肋骨が折れていた。。。


なんてこともありえます。


特に、骨粗鬆症の方は、

気付かないことが多いそうです。


骨粗鬆症は、簡単にいうと

骨が弱くなって折れやすくなってしまうので、

ちょっとした力が加わっただけで折れてしまいます。


そのような場合、肋骨だけじゃなく、

他の場所の骨でも折れやすくなってしまいます。


肋骨が痛いと感じた場合、

肋骨骨折かどうかを見分けるには、

まず自分で肋骨のあたりを触って見ましょう。


もし、骨折していたら

そこを触ると痛いです。。。


また、息を吸うときに

肋骨のあたりが痛いなって感じます。


肋骨骨折による肋間神経痛の場合、

詳しくは病院でレントゲンを

撮ってみないとはっきりとは分かりません。


なので、このような痛みがある場合には、

早急に病院に行って診察を受けてくださいね!!

         

肋間神経痛の原因

肋間神経痛といっても
その原因はひとつではないんです。

肋間神経痛の原因はとてもたくさんあるのですが、
代表的なものを紹介します。

そしてどのような原因で肋間神経痛が起こるのか、
詳しく説明します(^^)

このカテゴリ内の記事


原発性肋間神経痛
肋骨骨折
椎間板ヘルニア
帯状疱疹ウイルス
狭心症
交通事故
がんの転移によるもの







Yahoo!ブックマークに登録