Top >  肋間神経痛の基礎知識 >  肋間神経痛って?

肋間神経痛って?

ここでは、まず神経のお話からしますね(^^)


なんだか難しそう。。。と思ってるあなた、、

大丈夫です。


神経って、誰でも聞いたことがあると思います。


自分の体の中を通っているものですし、

中学か、高校の授業でなんとなくやったような。。。

人もいると思います。


神経は、大きく分けて2種類あります。


「中枢神経」と「末梢神経」です。


「中枢神経」というものは、

脳と脊髄の部分です。


「末梢神経」は、その他体の

色んなところを通っている

神経のことをいいます。


神経の役割は、いくつかあるんですが、

簡単にいうと、まず、

「痛い」や「熱い」などの感覚を脳に伝えます。


そして手や足、顔の筋肉を動かします。


また、生きるために心臓など、

自分では分からないけれど

体の各器官は常に働いています。


これらも神経が動かしています。


末梢神経は、各場所で、

いろんな名前の神経に変わります。


では、肋間神経はどこにあるんでしょう。。。


肋間神経は、背中から出る

末梢神経です。


背中から、肋骨に沿って走っています。


肋骨というのは、そう「あばら」の事です。


胸の辺りに

心臓などを囲むようにしてあります。


肋骨は全部で24本、

背骨から右と左に12本ずつあります。


つまり、12対あるってことです。。。


なので、肋間神経もその肋骨に沿って、

12対あります。


ちなみに肋骨は、上から7番目までは胸の骨(胸骨)に

くっついているので、神経も肋骨に沿っていますが、

肋骨の8番目から12番目は胸骨にくっついていません。


なので、下の肋骨の神経は

お腹の方まで走っています。


このように肋骨の間を通る神経が痛むのが、

肋間神経痛です。

         

肋間神経痛の基礎知識

肋間神経って何?ということや、
肋間神経痛になりやすい人、
肋間神経痛の症状や検査方法などを紹介します。

肋骨に痛みを感じた場合は我慢しないで、
お医者さんの診察を受けてくださいね!

このカテゴリ内の記事


肋間神経痛って?
肋間神経痛の症状
肋間神経痛になりやすい人
肋間神経痛の検査方法







Yahoo!ブックマークに登録